AOC攻略ブログ(中途半端)。今はだらだらと日常を書いてます。
http://nancy74849.blog85.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2009.08.26.Wed(02:42)
弓(射程ユニほぼ全般)を使いこなせる人は戦闘が強い。

 

射程ユニが寮内で効果的に使えるのは俺と⊿∑さんとhowさんくらいでしょうか。もっと増やすために書いてみようと思います。ちなみにあくまで寮内のAOCの話です。ネットプレイヤー間のゲームでは弓は帝王では使わないそうですが。。(砲撃手に切り替わるらしい)

寮外部の方はそれをふまえてどうぞ 

more

弓について書くのは初めてではないが書くたびにどう書けば伝わるのか悩んだ記憶があります。

弓の強さに対しては俺自身理解をしているつもりですがどうも言葉にしにくい。。この夏休みAOCはあまりしませんでしたがリプはよく見てました。弓がいる戦場を重点的に見ていてやっと言葉にできそうなので書いていこうと思います。

まず結論が題名にあるとおり弓を使いこなせればAOCは強くなれます。もちろん寮内の話です。ネットではどうか知りませんよ?ではそれはなぜか。まずは弓の特性から話していこうと思います。

弓は単体では弱いが集まると強くなる。よく言う言葉です。弓は1vs1で槍と戦わせると弓は槍に勝ちますがかなりHPを削られます。しかし弓3vs槍3になるとほとんどダメージを受けずに槍を殲滅することができます。これは射程ユニが得意とする攻撃対象の集中が可能だからです。

弓は遠いところから確実に敵の数を減らせるということが大きいのです。近接ユニではなかなかこうはいきません。敵に攻撃を集中させるには囲ってタコ殴りにするしかありませんが敵も集団でいればそれは難しくなっていきます。

兵法では敵との数の差の比率が多ければ多いほど大差で勝つことができます。10vs5で戦わせた生き残り率と40vs35で戦わせた生き残り率は10vs5の方が大きいです。同じ数の差は5でも比率的には全然違いますから。10vs5でたたかわせると10側が高確率で7割~8割生き残ります。40vs35では40側は多くても3割程度でしょうか。

しかしこれは近接ユニットonlyの時にしか当てはめられません。弓が混じると様々な要素が出現するからです。弓はこの兵法のなんたら理論(名前忘れた)をくつがえします。厳密にいえば計算がものすごく複雑になって普通の人にはできないだけでしょうけど。

射程というのは恐ろしいものです。近衛剣士40vs40の戦いは見たことがあるでしょうか。あの時実はかなりの数の近衛剣士が暇しているときがあります。敵と接触できなかった近衛剣士ですね。これが多い側は負けます。なぜなら実質戦っている近衛剣士の数が20vs30であれば30戦ってる方が圧勝しますから。近接ユニも効果的にぶつける工夫をしましょう。

さて、近接ユニではなく射程ユニ、弓は射程があるので常にすべてのユニが攻撃をする構図になります。無駄がないのです。オーバーキルなどはありますがね。これが弓の強いところです。近衛剣士40ぶつけても戦うのはそのうちの7~8割ですし、攻撃対象はかなりバラけてます。
しかし弓は40いたら敵5体ほどに集中砲火を浴びせるのです。その五体を倒したらまた次の五体。。また次。。と数をなし崩し的に減らしていきます。弓の凶悪さは伝わってきたでしょうか。そしてその強さは[壁]があることによって増幅されます

よく言う[肉壁]です。あれの目的は弓に敵を接触させないところにあります。肉壁と戦っているうちに弓が敵を射抜くわけです。

よく狭い所に弓を閉まって戦うといいますがあれは狭い所に弓を配置することで敵と接触する弓を肉壁と想定する戦い方です。弓はHPが低いので敵に囲まれると痛いです。なにせもろいですからね。高価ですし。

弓の強さは経験で理解していくことが多いと思います。ブリ弓に接近するときに削られていく自分のユニット、敵近接ユニ部隊に自分の敵より数を上回った近接ユニ部隊をぶつけて安心していたら後ろに弓がいてぼろ負けなど俺は経験してます。単純に弓に気付けないとこういうこともあるのです。

弓の強さに関してはここまでです。以下は使いこなし方でしょうかね。散兵についても書きますとも。


弓を使いこなすのは簡単じゃないです。操作量もかなり必要ですし一瞬で判断する必要があります弓には散兵、投石、馬、ヘビスコなどどうしても勝てない敵が多いというのが難点ですから。ではそういう敵にあったときはどうするか。簡単です。逃げます。

一発で多数の弓をなぎ倒す破城投石。20以上の弓を一回の攻撃で葬ることもあります。安価でボーナス持ちの散兵。HP、弓防御、機動力に優れた馬系、集団で移動する弓にいっぺんにダメージを与え、弓に強いヘビスコ。こんなのと戦っていたら弓がガンガン死んでしまいます。逃げてほかのユニットにこいつらを始末させましょう。

とりあえず他のユニがいなかったり逃げれないときの対処法なんかを書いてみたり。
vs投石…とりあえず弓は逃走。それができない状況なら懐に入って集中砲火を浴びせて倒しましょう。ただし2体以上の時は相手にしないこと。

vsヘビスコ…必ず弓を逃げさせる。移動速度で勝ってるので逃げられます。操作量に自信があればヘビスコの射程範囲外からヘビスコの肉壁を削ってやるといい。

vs散兵…普通に逃げるべきだがもし散兵の数が多いなら逆にチャンス。弓は引いてそれ以外のユニットで一気に押し返す。散兵がいなくなったら弓も前にまた出す。散兵は弓にしかまともにダメージ与えません。ちなみに少数の当たり会いの時はむしろ接近して散兵の最小射程1に入って攻撃してやるといいと思います。

vs馬…槍を出しておけとしか言いようがない。機動力負けしてるので逃げ切れない。少数であれば倒してしまってもいいがダメだと思ったらすぐ狭い所に逃げて。

まぁ普通は自分の肉壁を弓から離さず移動すれば特に怖くもない。問題は投石など遠い所からの攻撃に気づけるかです。

とりあえず上記のことがすぐに判断できればOK。上記以外にも対応が変わる場面があるのでそれは自分で考え抜いた行動で解決してください。

さて散兵ですが、帝王では散兵は純粋に弓にしか使えないユニットです。領主までは軍兵と斥候以外に勝てる優秀な射程ユニでしたけど城主からは。。アイタタタ。つまり散兵が大量にいたら馬と剣士を投入して一気に突破するチャンスです。なにが言いたいかというと。。散兵を敵にださせるという作戦もあるんですよ。

これ以上言うとこれからフンで戦うのがきつくなるんで言いませんけど。(ぉぃ)

ちなみに近接ユニでも俺はちょくちょく操作してなるべく数体で敵一体を攻撃するようにしてます。こうしたことの小さな積み重ねが結構大きく差を開いていくと思いますよ。

※この記事は弓を出せる文明が最強と言ってるわけではありません。弓が出ない文明は弓に強いユニットを持っています。それらのユニットを使いこなせれば弓も問題なく倒せるでしょう。


スポンサーサイト

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

 

URL:

→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

ザ ハウス オブ ザ デッド: オーバーキルの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ザ ハウス オブ ザ デッド: オーバーキル」へ!
ザ ハウス オブ ザ デッド: オーバーキル【2009/08/26 13:53】

Nancy

Author:Nancy
AOCから離れてもうだいぶ経ちますが愛は忘れていないはず。

QRコード

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Enjoying AOC, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。