AOC攻略ブログ(中途半端)。今はだらだらと日常を書いてます。
http://nancy74849.blog85.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2009.07.23.Thu(19:54)
意外とみんな知らない大事なこと

 

みんなが意外に知らない有効なことを書きだしてみました。
 

more

チームボーナスについて。
チームボーナスを甘く見ている人がいるかも知れませんがチームボーナスは意識してチーム分けをしないと痛い目にあいます。みんながよく知ってるのはスペインの交易ボーナスとモンゴルの視界ボーナスでしょうか。この二つはゲーム展開を左右するような重要なボーナスですから知ってて当然ですよね。

とりあえずチームボーナスはかぶってても重ね効果があるわけではないです。(スペイン×2でも76%ボーナスにはなりません。)つまりなるべく違う文明をチーム内で使った方がボーナスは多く受けれます。

では俺が思うお役立ちチームボーナスベスト5を紹介したいと思います。

モンゴル
スペイン
ブリトン 
中国
ビザン

第五位…ビザンティン:聖職者の回復速度+50%
このボーナスの利点は聖職者を使うことで兵の消耗を抑えれるといった点にあります。ビザンではカタフラクト、モンゴルではマングダイ、サラセンではマムルークのように強力なユニークユニットはあまり死なせたくないですから前線に聖職者を1か2置いておき、回復させ ることが実用的に可能になります。このボーナスがないとちょっと時間がかかるので実用性が薄れてしまうのです。

第四位・・・中国:畑の収穫量+45
やはり利点は早い時期に貼った畑が長く持つのでそれだけ木の運用に余裕ができるということでしょうか。即城したときにありがたみを特に感じると思います。たった45ですが畑10枚を暗黒で貼る即城では通常の畑より450も多く肉が取れるのでその分騎士に回したり町の人の生産を安定させたりとありがたみが大きいのです。もちろん他にも木の消費をすこし抑えられるので領主や城主にアドバンテージが取れますよ。

第三位…ブリトン:射手育成所の生産速度+20%
なぜこんなボーナスが重要なんだと思うかもしれませんが、射手というのはほぼすべての文明で城主まではフルアップですよね。さらにたまれば騎士も射抜き、強力です。城主で使わない人はいますがそれでも使ってみると強力なユニットなのです。この強力ユニットを生産する力を上げるこのボーナス。俺は非常に評価してます。領主でももしもの時の散兵がすぐだせますしね。

第二位…スペイン:交易で得る金33%UP
言わずと知れたスペイン交易ボーナス。このボーナスがあるかないかで後半の金量に差がつきます。しかし交易を本格的に回すのは帝王からなので領主城主ではあまり意味のないボーナスという点も踏まえて第二位です。

第一位…モンゴル:斥候の視界+2
一見何も知らない人からすれば全くいらない視界ボーナス。しかし 実際には暗黒時代において羊やイノシシを見つけやすく進化の安定に一役買い、領主城主頭では敵の町をより効率よく斥候することが可能になるため領主戦や城主頭の荒らし所を探しやすく非常に便利です。後半はあまり役に立ちませんが前半に強いボーナスなので前半で優位に立てればゲームにも勝てるという判断で一位にしました。

チームボーナスは以外に役立つものです。チームを決めるときはチームボーナスも配慮しながら決めていけるようになるといいと思います。



木柵について
木柵を張る人って少ないですよね。もちろん木柵はあっという間に破壊されちゃうわけですが少なくとも領主で軍兵、槍、町の人は止めることができます。よく張るのに時間のかかる石壁では貼ってる最中に軍兵や槍、時には同じ壁を張りにきた敵の町の人が攻撃してくることもあります。それで壁農民が死んでしまい自分が張っていた壁の内側に塔や育成所を建てられた経験は結構あるんじゃないですかね?

木柵は非常に貼る時間が早く、しっかりとした進化をしながら暗黒で人を派遣して貼り始めれば遅くとも14分には張りきれるでしょう。領主に入るまで待つ必要がないのです。石壁と同じく張ってる最中に軍兵にたたかれ入り込まれたりすることがないのです。暗黒で出せる兵はいませんから。悠々と木柵を張りきったら石壁をゆっくり張ってやりましょう。敵が弓を出し始めたら散兵でも待機させればいいと思います。ちなみに俺は木柵を二重に貼って石を節約することがあります。とりあえず二重まで張っちゃえばそうそう簡単に壊されませんからね。もし無理やり騎士や軍兵で割りに着たら裏に家建てたり割られそうなところのみ石壁足したり。弓が来たら塔建ててもいいし。木柵は領主弓だと割るのに相当時間がかかりますから。

木柵を素早く張りきることで自分に有利な壁貼りを展開できれば内政に余裕もでてくるでしょう。

とはいえ敵が軍兵を使った場合、一重の木柵は無理やり破ろうとするかもしれません。破られたら石壁と同じで貼り切れてないのと変わらないかというと。。。変わります。何より敵が内政地に入り込む前に気づくことができます。

ちなみに城主ではたまに爆破工作兵で突破を試みる人がいますが木柵が二枚も石壁の前にあると予想外すぎて破れないという事象がおこりますwこれで攻撃にも気付けますw

全く気付けないのと気づけたのではその後の被害も全然違うと思いますよ。

木柵の利点
・素早く張れる
・暗黒から張り始めることができる。(敵のいない中貼り切ることができる)
・敵の攻撃に気づける。町の人がいれば防ぐこともできる。

木柵の弱点
・強度が脆い二重にすることである程度フォローが効きます)
・木がなくなっちゃう(ひとつ木2です。実はそこまででもないです。)
・二重にしたりするとき操作量を奪われる(これはあります。)

以上の点を踏まえて石壁から張るか木柵を張りきってから張るかは。。。自由ですよ。

ではwもしかしたら今度またたすかもしれません。
スポンサーサイト

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

Nancy

Author:Nancy
AOCから離れてもうだいぶ経ちますが愛は忘れていないはず。

QRコード

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Enjoying AOC, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。