AOC攻略ブログ(中途半端)。今はだらだらと日常を書いてます。
http://nancy74849.blog85.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2009.07.05.Sun(10:43)
JTRに説明する記事

 

スペインが耐えのうまい文明であると主張してやまないJTRにビザンとの耐えでの格の差を説明してやろうと思います。

とりあえず以下コメントのやり取り


JTR
「格上相手でも押し切られず耐え抜くことができる唯一の文明です。」
これはビザン唯一ではありません。
スペイン、チュートンなどでも十分に耐えることができます。
格上相手でも押し切られないためなら槍散兵は当然のこと鉄砲や騎士など様々なユニットが使える文明ならば相手の編成にそれなりの対応ができるのでビザンでなくてもできます。
また、ビザンは建築速度が遅いので急な対応を迫られたときに対応しきれなくなる時があります。


煖弑返信
ビザンはアンチが安く、内政テクも完備。強い帝王内政で安く弱いアンチを大量生産して耐えるタイプです。スペインやチュートンも耐えれるといえば耐えられますがそれはどの文明も同じことです。耐えられる耐えられないの可不可の話ではなくより強力な耐えを文明の特色としてもっていることが唯一の防戦文明としての名を立ててます。。建築速度が速かろうが遅かろうが大事なのは内政荒れ気味だろうが兵を出して対抗できることです。それに建築速度もなにもビザンをやっていれば城主から大量に立てるのは基礎の基礎、焦って建てているようじゃ根本的にやり直す必要があります。スペインは帝王内政が金は強いですが肉三段目はなく、城主で大したボーナスはないので帝王INもごくごく普通です。さらに城主では金二段目もなく、城主での耐えも含めて考えればビザンが強いのも理解できるでしょう。チュートンでは散兵がでないので内政が強くても押されたゲームを金ユニなしで押し返すのは難しいです。金自体はチュートンは強くないですからなおさらですね。AOCは帝王戦だけではないのだし領主から耐えに特化したビザンと比べるまでもないですね。
ビザンのボーナスの相互作用で高い耐え能力を持っているのでスペインやチュートンの帝王の強さからくる耐えと一緒に考えないでください。


JTR返信
領主、城主時代の守りにそれほど大きな文明差は出ません。強いて言うのであればトルコはアンチが共に進化しないということだけです。
AOCは基本的にはチーム戦です。見方が押し込まれた場合に早急に援護の体制を整えるために小屋を建てなければなりません。その中で建築速度が遅いと体制を整えるのにも時間がかかります。だからといって最初から小屋を建てていては味方の内政の邪魔になることもあります。さらに場合によっては自分が中心となってそこで戦わなければならなくなることもあります。
建物を建てるのは町の人です。敵の兵の少数が陣地に流れ込んだ場合に真っ先に狙われるのは建築農民です。スペインはほかの文明に比べて町の人が強いです。少数の歩兵程度ならば攻撃されても殴り勝てます。互いの兵が入り組んでいる所に町の人が向かう場合は町の人の強さが大きくかかわります。
上記より、チーム戦での緊急時での対応力、町の人の強さにおいてはビザンよりもスペインのほうが特化していることがわかります。
これらのことから格上相手との戦闘で押し切られずに耐え抜くことができる文明にはビザンだけでなく少なくともスペインも入ると思います。

続きでお返事。長くなったので記事化しました。
何回も同じこと説明させられてて不機嫌ですが心中察してください。

 

more

とりあえずもっと文明の内政テクとボーナス、兵種をみてそれがどう関わりがあるのかよく考えてから反論しろと。同じことを説明するのは疲れる。まず領主城主の守りだがビザンは何度も言うが槍散兵がやすく、城主からは騎士アンチの駱駝も低コストで出せる。つまりこちらから攻めるための騎士は血統がないし使わなくても、別で低コストな駱駝と槍を自陣に配備。騎士対策としては万全の守りだ。またスペインと違い金二段目有、弓がフルアップだから城主で弓を溜めこむこともできる。

そして城主後半は安い槍と散兵で槍RAMを仕掛けてやったり、前に城が建ってて攻めにくいなら帝王コストのボーナスで先に帝王入りして遠投出せば城も破壊でき、安い槍散兵とRAMと弓と遠投で帝王頭に一気に攻めいることもできる。

ではスペインでは?内政は交易ボーナスのみ、金二段目がないから城主くらいまでサラセン以下の内政しかなく、弓がないから城主は騎士とコンキ等を使って攻めるわけだ。槍散兵城主でだしてもいいけど内政力強いわけじゃないからきついだろうね。基本は騎士。帝王では近衛剣士か近衛騎士、コンキを使いたいけど金二段目がない関係で帝王頭は金量が少ない。交易回るのを待つかしないとならん。簡単にいえば交易回るまで攻めにくいし無理して攻めても頭数そろわなくて弱い。いいね?内政テク完備のビザンと同じところがないわ。

ちなみにスペイン輪作がないから帝王初期に畑の貼り直しで木がなくなったあと十数分後にはまた一気に減るから。肉文明だから畑たくさんあるしね。つまりビザンよりはるかに育成所建てにくいから。スペインとビザンには領主城主からずいぶん差があるの。わかったね?

建築ボーナスがどうやら好きみたいだけど前線の育成所一人で立てないでしょうが。何人も使うだろう。1人か2人多く使えば建築ボーナスもそんなに関係ない。十数秒遅くなるかもね。
むしろビザンやってるときもとから味方陣地にたくさん育成所建てとかないとか論外。んで内政テク完備のビザンは50分くらいにスペインよりだいぶ木があるから前線建てやすいの知らんだろ。逆サイドは逆サイド後衛にまかせろ。自分が行きたきゃあらかじめ建てとけ。
建築ボーナスなんて育成所関係にはそこまで大きい作用はない。あぁあと派遣があれば農民死ににくいとかまっさきに狙われる云々言うけど前線建てるとき町の人だけで建てる方がどうかしてる。兵いくつかひぱって守りにおけばそれで解決。町の人が強いだとかそこらへんもどうでもいい。兵戦わせろ

というか。ビザンはスペインとちがって早くから兵士だしやすいから味方が簡単に死ぬ状況にはしないのがビザン。緊急の対応を求められることもほとんどないわ。まずそこだよね。だいたいJTRはスペインで味方への援護遅かったじゃん。荒らしは行くけど援護は前衛によっちゃしないって公言してるし。ビザンと一緒に考えることがそもそも間違ってる。

スペインみたいな帝王中期以降からの文明とビザンのような全時代で戦えて内政テク完備のビザンじゃ耐えのレベルが違うんだよ。建築ボーナスは人数で補えるし、そもそも緊急で追加建築しなきゃならないほどビザンで建ててないことはありえん。そんな状況にもならん。派遣ありなしはもっと関係ねぇ。前をアンチとカタフラと砲台で制圧したら町の人で立てて後退したら元から後ろにある育成所で押し返すのがビザン。

育成所も硬いんだからそうそう壊れねぇわ。

スペインの良さは交易が強力な分、金量が豊富になる帝王中期からの高スペックユニットでの戦闘が強力なところだ。金が充実して内政フルに回ったスペインの黄金編成はすごいからね。耐えなんかやってたらそれが生かせないじゃん。もったいない。

スペインで守りの戦いに優位なところは他文明も人数差で補える建築ボーナスと内政にすこし敵が入ってきてもなかなか死なない覇権農民くらいじゃね?それも他文明で中心立てて城なり砲台立てれば十二分に補えるしな。

他の文明でちょっとした工夫で補えるような利点で耐えがうまいとかそんなのは言えないね。
では

スポンサーサイト

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

Nancy

Author:Nancy
AOCから離れてもうだいぶ経ちますが愛は忘れていないはず。

QRコード

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Enjoying AOC, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。