AOC攻略ブログ(中途半端)。今はだらだらと日常を書いてます。
http://nancy74849.blog85.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2009.06.18.Thu(15:37)
戦術適正文明

 

コメがあったので。
基本的に領主戦術はほぼすべての文明で使えますが(南米系は斥候がつかえない)
とりあえず~がやりやすい、強力、といった文明を紹介します。 

more

左から順に強力な文明です。



槍散兵&散兵
ビザンティン ゴート フン チュートン ケルト ブリトン
ビザンはコストボーナスで。ゴートは一応aパッチなので二番です。
基本的に木ボーナスのある文明が強い戦術です。
ブリトンは散兵の生産速度がはやいので早い時間であれば
他の文明に出し勝てるので選びました。


軍兵
モンゴル 日本 ゴート チュートン ※アステカ
軍兵はモンゴルが圧倒的。狩りボーナスによって肉量が多いですからね。
ゴートはコストと生産速度、日本は性能が高いので強力です。日本は鹿も食べるのも
選択肢にあるので意外に出しやすいです。
チュートンは畑が貼りやすく、暗黒から張って肉を得ることもできるという点で。
アステカはaパッチでは速度ボーナスだけですがbパッチ以降は機織り分金が多くあり、
速度ボーナスも合わせて即効性の高い軍兵ができかなり強力となってます。



マヤ ブリトン アステカ フン チュートン ケルト ※スペイン基本的にやはり木ボーナスが大きいのですが弓は散兵ほどは気を使わないので
どちらかというと生産速度、生産コストボーナスのある文明が強力です。
ただでさえ領主射手は生産が遅いので。
スペインは鉄工所ボーナスで手軽に矢羽が出いるのでその点では秀でてますが
城主で石弓にならないので連続生産はよした方がよさそうです。
軍兵に見せかけて。。。どうぞ。 


kmkm
ゴート ビザン アステカ チュートン スペイン ※朝鮮
いろいろ考え方はあるのですが今回は兵をいかに出せるかを重要とみました。
ちなみに木ボーナスの有無ですがkmkmでは戦士小屋、射手小屋それぞれ一回し
なのでそれほどの差は出ないと思い省きました。
秀でているのはやはりゴート。生産速度とコスト安から確実に兵量で勝ります。
次にビザン。コストが安く数出ます。そしてアステカですね。
チュートンは木ボーナスにさらに塔ボーナスがあり、散兵を入れても弓が増える
素敵な塔があるのでランクインです。スペインは建設ボーナスで塔が建ちやすいです。
朝鮮は兵はだしにくいですが石を掘るのが早く、塔も時代と主に進化するので入れました。


TR(タワーラッシュ)
チュートン スペイン 朝鮮
チュートンは塔が強力な点で。スペインは建設ボーナスから。朝鮮は持続性が高いですね。
チュートンなどは城主はいったら自動で窓下が研究されるので騎士で壊すのも
苦労するような塔になってします。スペインも矢羽の研究がすぐできるので強力です。
朝鮮は自動的にUPされていくので城主以降は破壊するのもタルくなってきます。
石掘速度ボーナスから三本目以降も建てやすいのも利点。
他の文明でもTRはできるのですがこの三文明だけ強いので相手がこの三文明だったら
間違えなく返されると思ったほうがいいです。


裏小屋
スペイン 朝鮮
ぶっちゃけどの文明でもできますからね。建設速度の速いスペインと視界ボーナスのある
朝鮮農民が少しやりやすいかなぁと。裏小屋→kmkm、裏小屋→槍散兵(敵陣槍散兵)
につなげるならまた別の文明の方が強いのですけどね。

相性
TR


散兵―→弓―→軍兵
↑    |    |
|    ↓    ↓
└――斥候←→槍散兵←―kmkm
軍兵→散兵
kmkm→軍兵(操作次第で逆転もある)
kmkm→斥候
槍散兵→TR(早く気づけるかによる。一本建っただけなら槍散兵が強い)
aパッチでは斥候なんてそうそう使いませんが一応書いておきますね。
槍散兵と散兵は散兵と槍の数のバランス次第です。基本散兵が多い方が有利です。

操作量によっては不利側も勝つ場合があるのでやはり重要なのはプレイヤーの腕ですね。
スポンサーサイト

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

Nancy

Author:Nancy
AOCから離れてもうだいぶ経ちますが愛は忘れていないはず。

QRコード

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Enjoying AOC, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。