AOC攻略ブログ(中途半端)。今はだらだらと日常を書いてます。
http://nancy74849.blog85.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2009.06.11.Thu(17:05)
文明ごとの対応方法

 

文明ごとの対応方法
格上の相手が使った文明に対する対抗策です。
つまり守りについてのお話です。もしかしたら攻めではあまり使えないかもしれません。

 

more

あくまで対抗策です。ある程度の内政力と兵の扱いを知らなければ実行しても大した効果もなく、耐えられないでしょう。壁は横も前も張り切ってあることが前提です。格上に壁を張らない勇者はご自由にどうぞ。

必要なもの:[内政力][精神的な強さ][たくさんの町の中心]

まず基本的な知識として。

内政について
内政は何度もつぶされることは覚悟してください。つまり潰されたら一気に回復させて戦う、といったかなりMな戦闘になります。また中心まで押し切られて育成所がない!ではそのまま負けるので育成所は陣地の後ろにもしっかり立ててください。町の中心で町の人を守りつつ時間を稼ぎ後ろの小屋から出した兵と味方の援護で何度も押し返さないとなりません。あらかじめぶっとい内政を作ってください。兵の数<<<供給力が大事です。

城について
城をいかに生かしておくかも大事です。城を建てたら三つは遠投を中に入れておいて、遠投負けしないようにしてください。町の人も三人ほど用意しておけばOKです。さらに言うなら重弓が出る文明なら重弓を10ほど詰めておいて城を強化するといいかもしれません。地味に響いてきます。
 
また敵が内政地に突っ込んでこないよう戦地と内政地の間にさらに壁を張ってください。あくまで時間稼ぎにしかならない時もあります。敵が疲弊するのよりも先に自分が疲弊し切ることの方が多いしいつまでもやってれば精神的にも不利になってきます。

そして、相手が息切れしたり攻めるのをやめたらこちらから攻め込んでください。ここではじめて勝機ができます。ガンガン攻めてしまいましょう。

最後に大事なのは格上と帝王でやり会ってまともに勝つのは不可能だと思ってください。自分より対応力も内政力も操作量も上だから敵は格上なのです。その覚悟があるとないとではメンタル面でかなり差が出てくるでしょう。



アステカ
敵編成:近衛剣士+イーグル+槍 RAM 遠投 投石 弓
vsアステカにおいて大事なのは近接ユニットの数じゃないです。アステカという文明が内政強国、供給強国である以上近接ユニットで対抗するのは強歩兵の出る日本くらいです。騎士もアステカのバカ数長槍にコスト負けで苦しいと思います。

対抗策:砲撃手と槍、大砲や遠投、城(上記参照の準備必須)
基本は槍の後ろから砲撃手で打ち抜くことです。しかしイーグルなどはそれをかわして内政地に入り込もうとします。壁貼っといて無駄兵にしてやりましょう。砲撃手には敵が近付かないように槍はしっかり生産すること。またあまり長く続けると敵が投石でダイレクトに砲撃手を狙ってきます。投石対策に大砲、もしくは砲撃手を城にしまうかまた予約して倒されてもすぐに追加供給できるようにしておく必要があります。その時は砲撃手を一気に突っ込ませてください。投石に特攻です。うまくいけば被害なく投石を始末できるかも。城の矢の援護もあるし。


ケルト
敵編成:槍RAM 槍ヘビスコ 槍投石ヘビスコ
vsケルトは実は結構難しいです。ケルト自体が腰を据えた戦いが得意なので。ただ一つ言えることは一度隙をつければ押し返せるという特徴もあります。砲撃兵器は生産が遅く、供給のため移動するのにも時間がかかるので目標は一度に敵砲撃兵器を殲滅すること、になります。

対抗策:剣士 馬系(ハサーor重騎士↑) 槍を倒せる程度の投石 RAMor大砲
敵が槍RAMのときは城や町の中心には絶対に近付かせないでください。ケルトRAMは攻撃速度、HPが高いので恐ろしく破壊力が高いです。投石で近づかせないのが一番ですが万が一、壁を突破されて入られたらRAMを優先的に破壊してください。それしか言いようがないのです。

敵が槍ヘビスコの場合、いかに槍をヘビスコからはがすかが大事です。遠くから遠投で城や砲台は破壊されるのでこちらも遠投、大砲はしっかり用意しましょう。槍はハサーで釣ってください。城の射程範囲まで引っ張ってこちらの剣士でたたきます。す。そしてそれと同時にヘビスコにハサーや騎士をいっきにぶつけて削ります。満載RAMを接近させて中身を開放するのも有効です。馬がないなら投石で槍やヘビスコを狙ってもいいです。とりあえず敵に警戒させましょう。

ヘビスコに歩兵を当てる機会があったら密集隊形ではなく拡散させた隊形でぶつけること。進軍は遅いので敵のRAMにさえ気を付ければどうにかなります。敵投石対策についてですが敵の槍を巻き込む形で撃たせて別の槍や馬で投石を削ったり遠くから大砲や遠投で狙ってもOKです。それほど怖くはないです。


ゴート
敵編成:たくさんの歩兵 大砲 砲撃手
正直ゴートは使用禁止レベルなのであまり書くこともないのですが。
ゴートは大砲や砲撃手も出るので投石でどうにかしようとしたり高性能な剣士を当てまくっても
どうしようもないことが多いという。。ゴートが使用禁止になる理由もわかります。

対応策:砲撃手+散兵(10↓) 近衛剣士(槍) ※近衛騎士
どうしようもないのだが。。。近衛剣士の後ろから砲撃手で打ち抜きます。近衛剣士な理由は敵の生産量が半端ないので槍だとすぐに削りきられてしまうからです。槍でもできないことはないですけどね。敵も砲撃手を出してきたら散兵と一緒に倒しましょう。  近衛騎士は敵内政に突っ込むという意味です。といってもチーム戦だと突っ込むこともできませんが(別の人が壁を張るので)ゴートに対抗策もなにもないですね。。


サラセン
敵編成:マムルーク らくだ騎兵 砲撃手 近衛剣士(ただしぬくらせた場合に限る)
いっちゃなんですがマムルークためられるまでぬくらせたのも悪いです。城主後半、帝王前半だと近衛剣士と砲撃手、大砲、遠投くらいしか来ません。

対抗策:槍と弓 投石 大砲 城を破壊されないこと。 火砲学の研究をしてください。
マムルークやらくだ騎兵最大の弱点、弓に弱すぎる点をつきます。もちろん敵も弓対策に散兵を連れているでしょうから投石で狙い投げたりして始末してしまいましょう。投石や城に大砲が飛んでくる可能性があるので警戒はしましょう。大砲がきたら大砲で返してください。供給地に近い分撃ち負けはしません。マムルークは弓がきたりすると引くのでそのすきに槍と合わせて壁を削ってやればOKです。


スペイン
敵編成:槍 近衛剣士 近衛騎士 大砲 砲撃手 覇権農民(砲台建築 兼 前線建築) 
とにかくいろいろ出てくるのでかなり厄介です。ただしぬくらせれば、の話ですがね。交易ボーナスは大きいですがそれしかボーナスはないので帝王頭までの内政はサラセンと大差ありません。どんどん攻めていくといいと思います。帝王にもつれ込んだらとにかくかなりきついです。交易で金ユニがガンガン出てきますし安物と金ユニの充実から、かなり対応力もあります。そして派遣された覇権農民が
恐ろしい速度で砲台を建ててくれるのでそれ用に遠投を城から離れた所においてください。

対抗策:敵に合わせて変えていける供給力。遠投で砲台は建て始めをたたくこと(一撃で壊せる)
砲台が立つ前なら投石で砲撃手や槍をねらいつつ敵に合わせて兵種を変え押していきましょう。チート大砲で城を狙われると厄介です。遠投で当てるのは難しいのですが頑張りましょう。こちらも大砲を出してもいいですが速度差で敵側がかなり有利です。砲台建設を何度も阻止できるとしてやったりな気分になれます。


チュートン
敵編成:近衛騎士 近衛剣士 砲撃手 大砲 破城投石 ヘビスコ
格下にはスペインよりも怖い文明。一見砲撃兵器がより充実した劣化スペインですが、領主城主内政の強さから早期に攻めても勝てませんorz。塔ボーナスもあり防御も高いです。領主でも城主でも負けるのでは万全な状態で帝王戦にもつれ込むこと必須でしょう。そういった意味ではスペインよりも格下には脅威かも(?)こいつに交易ボーナスがあるときはスペインと同格以上ですね。近衛騎士+ヘビスコは鬼畜。

対抗策:槍 大砲 投石 弓or砲撃手 近衛騎士 近衛剣士
対ユニット戦でかなり苦戦します。覇権農民ではないし建築も遅いといっても砲台を建ててくることは十分にあるし、ヘビスコや投石などが近衛剣士、近衛騎士と一緒に襲いかかってきます。しかし大砲はほかの文明と同じなのでヘビスコ対策、投石対策には大砲や投石でいいでしょう。RAMは弱いので来ません。チュートンナイトがきたらむしろチャンスだと思ってください。弓や砲撃手で被害なく狩れます。
砲撃手なら近衛騎士が来たときも役に立つので用意しとくといいでしょう。チュートンの長射程城が予想以上に防御に優れていて内政荒らしが難しいです。前線に立っててもかなり広い範囲に矢が来るので結構苦戦するかもしれません。遠投でさっさと破壊しましょう。


トルコ
敵編成:近衛剣士 ハサー イュニチュリ トルコ砲台
帝王までぬくらせず、しっかり城主でたたければそれほど怖くないです。ただし帝王に入られるとかなり厄介なので遠投は十二分に用意しましょう。城を砲台で一方的に攻撃されることも少なくありません。そのかわりユニット戦はアンチ兵の槍や散兵がほとんどいないので敵のハサーと消耗戦を繰り広げると意外に耐えられます。それができないとあっさり押し切られて強すぎる砲台Rをくらうので油断しないようにしましょう。

対抗策:槍(必須) 砲撃手 3割増で遠投 
敵の編成はほとんどハサーor近衛剣士&イュニチュリです。押し切られたら砲台が建つと思ってください。遠投で砲台建築は阻止必須です。敵がハサー壁で裏にイュニチュリであっても近衛剣士壁であってもやることは同じ、槍で壁を削りつつこちらも砲撃手で打ち抜いていきます。ただし迂闊に突っ込むと砲弾がたくさん飛んできたりするので敵が引いたら引きましょう。

トルコは砲台が最大の武器なので周りに壁が大量に貼ってあることが多くなかなか荒らせません。抜くのも難しいので耐えに専念した方が賢明です。下手に突っ込むと押し返されます。砲台はこちらの城視界の外に建てられて攻撃を受けることもあるので想像以上に凶悪です。そして遠投を敵のトルコ大砲で狙われると本当にまずいです。ユニット戦では勝てても前線は圧倒的に制圧されることが予想できるので四六時中遠投を展開したりせずなるべくこちらから敵の砲台建設に気付いて遠投を使う必要があります。


バイキング
敵編成:近衛剣士 長槍 弓 遠投
バイキングに押し切られたら泣いてください。とりあえず歩兵はタフですが
それほど脅威にはなりません。遠投には遠投。弓には投石でも十分です。

対抗策:近衛騎士 近衛剣士 砲撃手 大砲(遠投対策)
んー。。。よほど格上の相手が使ってこないと負けませんね。城主内政までバイキングは強いので帝王まで頑張って粘ってくれ!というしかないです。


ビザンティン
敵編成:たくさんの槍 たくさんの散兵 弓 カタフラクト
ぶっちゃけうまい人がやってるビザンはかなり面倒です。一度押し切られるとなかなか押し戻せません。ゆーっくり確実に進軍されます。建築速度の遅い砲台はかなり頑丈な作りになっている模様なので必ず遠投や大砲での破壊を心がけてください。城を破壊すればするほどカタフラの脅威が減っていきます。

対抗策:近衛剣士といいたいところですがカタフラRをくらうと一気に崩れるので簡単にはいきません。槍を出す必要がありますが敵槍とあててもコスト負け必須です。

とりあえずしっかり後ろにこれでもかと壁貼ってください。矛槍が出るなら戦士育成所を最低20以上建てておいてください。長槍までというならカタフラに対抗できる近衛騎士やハサー+弓をすぐに用意できるようにしてください。また城や砲台は内政地メインで建築し、町の中心で町の人はしっかり守ってください。

槍散兵からカタフラに移行するタイミングはわかりませんがカタフラにさえ気を付ければ抜かれる危険も減ると思います。安価で槍RAMが出せる文明なので頻繁に来るでしょう。強力ではないにしろ城を破壊されるとカタフラ対応が大変なのでしっかり返しましょう。


フランク
敵編成:近衛騎士 近衛剣士 砲撃手 ヘビスコ 大砲 ※城
即城騎士が強い文明です。騎士メインで回してくることはほぼ確実なので槍はしっかり用意し、ヘビコや大砲、近衛剣士も念頭に入れた耐えをしましょう。劣化チュートンといった感じですが城が乱立されるので歩兵文明はかなりきついです。

対抗策:槍 砲撃手 近衛剣士や近衛騎士 遠投
押し切られると城が建つ(’チュートンと攻めのタイプが似てるので同じような対策でいい。ただしやはりフランクの方が抑えやすい。城Rを城主にくらわないようにしよう。あれマジやばい。帝王では自陣に槍を出せるようにしておけば簡単には抜かれないだろう。


ブリトン
敵編成:重石弓 ロングボウ 遠投 近衛剣士
ロングボウや重弓の射程が長く、槍や剣士がバッタバッタと倒されます。つまり後手に回るとほんとにどうしようもないです。常に先手先手で城を建てたりしていかないとなりません。

対抗策:ハサーor近衛騎士 近衛剣士 投石
投石は敵の壁対策です。ロングボウや重弓は投石を破壊してくるので狙わないように。ロングボウの射程が本当に長いので聖職者を用意してこまごま回復させるといい感じです。

本当に城さえ落ちなければ何とかなりそうなのでKIAIで城は守りましょう。基本的に槍を馬で釣ってタイミングよくハサーや近衛騎士をロングボウに当てる必要があります。近衛剣士なら少しくらい弓を受けながらでも槍は倒せるので操作量さえあればどうにかなると思います。散兵は20もいればOKです。
どうせ攻撃射程に入る前に射抜かれてしまいますから目くらまし程度に考えてください。

ただし壁の後ろから攻撃してくる弓は投石を使って始末しないと町の人が狩られてしまいます。


フン
敵編成:近衛騎士 弓騎兵 遠投(命中率30%↑) 重剣士(槍)
帝王よりも領主城主でまけないようにしよう。城主では弓騎兵が荒らしにきたり…。帝王では馬文明だからといってなめてると重剣剣士がきて槍全滅、なんてことがある。弓騎兵が安価なのでかなり出てくるだろう。近衛騎士と合わせられるとかなりきつい。ただしフンは石壁までなので隙があったら爆破工作兵で穴をあけて槍を流してやると重剣がたくさん生産されるのでその隙に近衛騎士を流し込んだりできるとうれしい。

対抗策:ハサー 槍 散兵 (砲撃手) 遠投はたくさん必要。
ハサー散兵は弓騎兵対策。槍で騎士の足を止めたら後ろに流し込むと効果的。フンは壁の突破が下手なので遠投負けしなければどうにかなるがたまにRAMも来るので気をつけたほうがいい。突破されると弓騎兵のせいでかなり押し返しが難しい。押し切られないことが大事。


ペルシア
敵編成:近衛騎士 象さん 矛槍 ヘビスコ 砲撃手 大砲
内政が強いので早期に槍で攻めてくることもある。まぁあまりないけど。大砲ヘビスコと砲撃手を使ってきたりするので槍ばっかりだとまずいちなみにvsペルシアのときは聖職者を少しUPして10体ほど用意しておく必要がある。拮抗させてる時に象さんを押し込んでこられると一気にやられることがある。逆に10体もぱくったらこっちが優勢なのも目に見えてる(ペルは石壁まで)聖職者は城で保管しつつ地味にUPしておこう。

対抗策:槍 ハサー 近衛騎士 聖職者×10
基本は槍。大砲、ヘビスコには投石、馬で対応しつつ敵の壁を破って槍を流し込んだり。長剣までしか剣士がないので近衛剣士は用意しなくてもよい。どうせ使ってこない。高価なユニットをこちらの安物で消耗させていくのが定石。象さんには本当に気をつけること。ペルは荒らしに強いボーナスを持ってるので荒らしても簡単に勝てるとは限らないので素直にコスト勝ちを続けるなり早期に石壁割って槍を大量投入して疲弊させるなりする必要があり、それが意外に簡単なのがペルの弱点ですね。


マヤ
敵編成:エルドラドイーグル 矛槍 RAM 遠投 羽弓 重弓
領主城主をいかにしのげるかが勝負の分かれどころです。そのかわり領主城主のマヤは本当に強いです。持てるすべてで耐えましょう。ほぼ無傷で帝王になれたら。。。勝ちますね。

対抗策:帝王まで耐えきる能力
帝王戦に持って行ければまず負けないでしょう。近衛剣士と近衛騎士を当てるだけでも勝ちます。ないならハサーを射手にぶつける工夫しても勝ちます。


モンゴル
敵編成:マングダイ 破城投石 ハサー RAM
モンゴルはマングダイと砲撃兵器の編成ですが。。。むぅ~・・・
とりま破壊力がでかすぎます。揃えられたら相当苦戦して、止められないかもしれません・・・

対応策:近衛騎士 ハサー 槍
ぶつけまくってください。ハサーは特に有効です。ハサーがないとこは。。。槍投石+散兵でしのぐくらいしかないです;城の援護でマングを牽制しつつ敵を攻めまくりましょう。編成を組ませたら勝てないので組ませないことが大事です。内政力にあかせてハサー、槍や散兵、遠投を送り込んで城や中心を破壊できれば大きなアドバンテージになります。とにかく攻めましょう。内政は弱いので近衛剣士やハサーが出てきたら消耗戦に持ち込めば勝てます!

でも編成組まれたら間違いなく負けます。。。


中国
敵編成:連弩 重弓 槍 ヘビスコ 近衛剣士 重騎士 砲台
意外に砲台が建っちゃう文明。連弩と重弓の混成部隊が結構強い。ただし連弩だけならむしろ弱い。射程なくて壁剥がしやすいし馬を突っ込ませれば勝てます。

対応策:ハサー 近衛騎士 散兵 大砲
とりあえず城の制圧範囲内で戦っていれば勝ちます。間違いなく城を落としに来るので負けないように頑張りましょう。砲台対策は他の文明と変わりません。建てさせないようにしましょう。中国の城には生産した連弩が詰まっててめちゃめちゃ矢が出てきたりするので隙あらば遠投で落としてしまいましょう。


朝鮮
敵編成:戦車 槍 破城投石
そもそも帝王後半まで生き残らないだろうけど砲台もたつ文明です。ただし城さえ壊せば破城投石ぐらいしか目立ったものもないので何とかなります。

対応策:たくさんの槍 ハサー ぬくらせないこと
ぬくらせると強力な戦車がでてくるのでぬくらせず確実に攻撃していきましょう。石を取らせないように荒らしたりすればだいぶ大きなアドバンテージとなります。

怖いのは投石と戦車で無理やり城を落としに来られたりするとまずいです。槍や投石を用意しておくなりして戦車を壊すすべを持っておきましょう。戦車は城の攻撃を受けながらでも城を落とせるので城はすこし後ろに建ててください。

破城投石に対しては遠くから大砲で狙い撃ちしたりハサーや槍を接近させるといいです。戦車に埋もれてる破城投石にはむしろ打たせて戦車を削りましょう。一度戦車を全滅させるとためるまでにかなり時間がかかるのでどんどん攻め込みましょう。


日本
敵編成:近衛剣士 矛槍 凶悪遠投 重弓
近衛剣士と槍がかなり強いので近接ユニットだけではアステカですら互角になります。凶悪な遠投は他の文明の遠投と打ち合いになるとほとんど勝つという。。。

対応策:投石 砲撃手 近衛剣士 大砲 たくさんの遠投
とにかく同数の遠投の打ち合いでは勝てません。ためる時間を与えると10台遠投を集めていきなり城を破壊される可能性もあるので四六時中遠投で打ち合ってた方が安全です。金と木を消費するので投石で遠投を破壊したり大砲で狙って互角に持ち込んでください

日本に近衛騎士を当てても強力な槍が出てきてあっという間に殲滅されるので
歩兵で戦いつつ砲撃手、城援護で耐えて置くのが一番でしょう。
スポンサーサイト

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

Nancy

Author:Nancy
AOCから離れてもうだいぶ経ちますが愛は忘れていないはず。

QRコード

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Enjoying AOC, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。