AOC攻略ブログ(中途半端)。今はだらだらと日常を書いてます。
http://nancy74849.blog85.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2011.08.08.Mon(00:53)
AOC夏休み初日

 

二回やって前衛2回引きました。

結果としてはどちらも勝ちましたが一戦目はあまりほめられる内容ではないですね。


一戦目は対面はR2の格下、こちらの後衛、敵後衛は同じR1だったので抜きサイドでした。

ですが、俺はR2の人に城主inの時点で少し押され気味、、地形を言い訳にはしたくないけれども7金がかなり取りにくい位置にあったり自分の後衛とそれはもうすごく遠かったです。

そんな理由で逐一敵後衛の騎士荒らしで後ろは呼べないと判断して槍散したんですがミスしまくり、対面は弓でしたので攻めるしかないとわかってましたが囲いがきつい…。
それでも領主は何とか敵陣に入り込むことに成功しますがコンパクトにまとめられた陣地を荒らすことはできず、槍を狙い撃ちされて散兵単になったところに後衛騎士が来てしまい被害は出せず逆に兵士を失うという事態に。

敵後衛騎士の数が10~いてとてもじゃないけど槍の生産が間に合わないので急ぎで隙間を囲って城主を目指します。一応入り込んだため敵内政も微妙に荒れてたようでIN時間は同じくらいでした。

んで城主に入り、槍も7くらいはいたので槍散兵投石で隙あらば城寄せでも。。と思ってたんですが


玩具小屋を少し前に建てたら対面の石弓30~に遭遇;精鋭散兵の数が若干負けていたため石弓が撃ち合いを挑んできます。でも十分勝てる数と判断し前に出たら10~の敵後衛騎士…

連携上手いね…いや俺が単につられただけかもしれんけど。。

結局その騎士+石弓になすすべなく押し込まれ、遷都遷都。。

幸い農民を50くらいは逃がすことができましたが7金含め4金もほぼ手つかずで明け渡してしまいます。


その後、最初から陣地があまりにも遠い俺と連携は無理と判断した後衛さんはぬくっていたようで早め帝王からの重騎士爆発でこちらサイドを支えます。俺も割と人を逃がせたのと隠れて石を掘っていたので後衛の陣地で城槍投石を準備。敵前衛が来た場合は石弓中心だったので投石で返せるし騎士来ても槍いる!という単純思考でした。

50分経過時には木肉に集中して内政を回したので槍を回せるようになりました。そのまま城主槍RAMで後衛さんの近衛騎士と合わせて自陣奪回。安物編成でgdgd粘ってたら逆が抜いてgg。何とか勝つことができました。

反省点はまず槍散のpop管理ですね。領主初期のギチィが痛かった。24人進化したのに。。塔で金守って強行で弓出して行ってもよかったんですがやはり騎士が怖かったんです。素弓だと騎士であっさり壊滅するし後衛呼べないから。

それとやはり初弾で被害をもっと出すべきだった。護衛の槍不足を反省します。あそこで敵後衛の騎士を食えればまだこちらの後衛さんがやりやすくなるのに。。
あとはまぁ割と復帰はやめで城主槍ですが兵の数はそろえたので本当に最低限の仕事だけはこなしたという感じです。まだまだ前衛はR2程度でいっぱいいっぱいの実力だと痛感しましたね。



さて第二戦ですがこちらは割とお仕事しました。
またもや前衛だったんですが対面はR3。さすがに負けません。23人進化からの弓で押せ押せの状況で城主に入ります。対面さんは小屋の位置がアレで兵の補充が難しいという失敗をしてましたし、領主で農民5~8食えました。

こちらの後衛さんと敵後衛さんは同じR1。TGだけ見ればこちらが抜きサイドですね。

んで、城主入って石弓30~そろえて投石生産待ってたら敵後衛の騎士到来。12くらいですね。ちなみにこの敵後衛さん一試合目の敵後衛さんと同一人物。どうやら前衛と合わせて確実に抜いてくるタイプのようです。もしくはしっかり前衛を守る人か。

しかしさすがに石弓(鎧2込み)30いますから引き打ちで5~6食ってやりました。残りは逃げたな。

そのあと自分の後衛さんと合わせて敵前衛囲いに向かうと赤がかなりの数の騎士と駱駝で応戦。まぁ石弓騎士で負けるわけなく撃退して、そのまま前衛荒らしかとおもいましたが、よく見ると前衛なんと石壁張ってる。。

こんなん荒らすより後衛叩いた方がいいだろうと「うしろいこう」とチャットして敵後衛に石弓騎士で荒らしにかかります。

もうそうなると正直無理げー!ってぐらいきついので敵後衛さん終わったか?!と思ったらしっかり投石用意してらっしゃる。それも騎士の数も上回った状態で投石2~3作ってるようで騎士弓でも分が悪い。。

ならばとさらに敵逆後衛に流れたりしました。なんだかんだで敵後衛の町の人は食ってたので問題ないでしょう。逆後衛でも町の人を7~8食ってそのあとは石弓を敵陣の後ろで動かしてました。重石弓にはならないし、自陣で帝王騎士の準備も済んでたので少しでも牽制になれば、と。


上記の通りその時点で33分くらい。ちゃっちゃと畑と金掘り増やして騎士5回し帝王近衛乱舞するつもりでした。前衛がまだ生きてたんだけど石壁で囲った範囲が狭すぎてあれじゃ畑20くらいで打ち止めだろうし多少の槍と城があれば攻めてきても平気と判断しました。

ちなみにこの時点でこちらはTG2勝ちサイドなのでなので当たり前ですが押せ押せ状況でした。しかし逆サイドはTG2負けサイドなわけで逆に押されてます。

んで、俺は帝王近衛騎士選んでるわけですから、対面のどう見ても槍出してる人攻めるより逆行った方がいいのでガンガン近衛騎士を逆にピストン輸送。対面はちょこちょこ騎士で斥候行くと槍散兵編成のようなので抜きに来られても時間かかるしそれまでにggにしてやんよーって感じでした。


逆前衛さんはやられながらもロングボウだして応戦してて、その対面の敵逆前衛さんまさかのヘビスコ重石弓編成。

それもたまたま攻めようと思った時に着弾したらしく俺の近衛騎士15が移動中のヘビスコの横っ腹にぶっささり一掃できました。あれはらっきーw


まぁそれからは順当に後衛さんが敵後衛を壊滅させて、そのまま近衛騎士動かして敵逆後衛とかにも攻撃します。当然敵逆後衛は疲弊するのでこちらの逆後衛さんが巻き返します。逆前衛さんもロング遠投で巻き返してggの運びです。

俺の対面さんは一回攻めてきたんだけど槍RAM。。。あらかじめ編成が槍と連絡受けてたので砲撃手用意してあっさり返せました。

R1が格下とやった場合対面と潰すだけでなくマップ全体の状況を把握して動くことを求められると(個人的には)思ってるので神経使いました。

まぁ一戦目は死んでるけどね。。後衛さんがぬくれたし復帰はやめで後衛さんの陣地守る準備はもっと早かったしいいかなって感じですが。

二戦目は上記の通り帝王では逆の援護と、城主中の石弓後衛流れができてるので合格点ではないでしょうか。


夏休み中はこうやってやったゲームに感想いうかも・3・
考察とかするの大事だしね!(精一杯の言い訳

それではおやすみなさい。

スポンサーサイト
 

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

Nancy

Author:Nancy
AOCから離れてもうだいぶ経ちますが愛は忘れていないはず。

QRコード

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Enjoying AOC, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。