AOC攻略ブログ(中途半端)。今はだらだらと日常を書いてます。
http://nancy74849.blog85.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2009.05.15.Fri(15:56)
サラセン

 

サラセン

・ボーナス
 市場での取引手数料5%
 弓騎兵の建物への攻撃力+3
 輸送船のHP2倍、輸送量2倍
 評価…40点
  内政ボーナスが市場だけなので少し見劣りします。ですが市場ボーナスも
  うまく使えば非常に有効なものになるので使ってほしいです。

・チームボーナス
 歩兵射手の建物への攻撃力+1
 評価…30点
  ちょっといらないですね、、ブリトン、中国はありがたいかもしれません。

・固有テクノロジー
 狂信 らくだ騎兵とマムルークのHP+30
 評価…80点 
ラクダを使ううえではかなり有効です。もちろんマムを使うなら必須。問題はコストが750F 800Gとかなり高いこと。これが安ければもう少し、、、

・固有ユニット
 マムルーク
 評価・・・95点
非常に強いです。狂信の効果でHP130 攻撃14 射程3 で馬にボーナスのある攻撃をガンガン出してくれます。問題はコストが。。。金がかなりかかります(騎士以上)しかもらくだなので城や中心からボーナスを受けてしまい攻めにくいです。

・解説
・サラセンは基本編成はできるのでそれを無駄なくできればそれでいいし、マムルークを運用できるならそれでもいいと思います。必ずしもマムを使わなくてはならないわけではありません。

・前衛の場合。無難に弓か槍散兵がいいかと。弓騎兵を出す意味はありません。重石弓まで出し続けましょう。城主では定番の投石と槍を出しつつできれば城を建てます。マムを使うかどうかはこの時点ではまだ未定となってます。帝王に入ったらハサーと大砲を使えるようにして矛ハサー重石弓大砲で攻めます。大砲は多めに出しましょう。マムを使う場合はある程度城の中に生産して二個目の城で「狂信」をしましょう。またマムを使う場合は重石弓の生産はやめて交易をしっかり回すこと。矛ハサーは動きの鈍い大砲の壁になるのでしっかり出してください。
大砲を食われると再生産の金の負担が大きくマムの生産が止まります。とりあえずマムは肉壁しっかり出せてる状況で20いれば十分にプレッシャーになります。あと聖職者は必要なら出しましょう。それくらいマム大事です。

矛とマムが居る限りまず近衛騎士もしくはハサーは出てきません。マムが出なくなるとどうしようもないので交易はしっかり守ってください。マム対策に近衛剣士や投石、射手が出てきたら大砲は早めに下げて矛ハサーの壁の後ろから削るだけ削って引いたり。マムがある程度たまればあとは肉壁と大砲か遠投と一緒にゴリ押ししてみたり。

・後衛の場合。即騎士かな。しかし重騎士にならない以上出し続けるのは愚の骨頂。騎士で押し切るのはたぶんないのでラクダと騎士を1:1でいいのでとにかく出して。騎士は荒らしと前衛ヘルプに使って。んで城主途中で早めに城を建ててマム出してください。それまでに出した駱駝とマムと長槍使って小屋寄せてください。対面が騎士ばっかりならマムが居たら寄せの妨害ではなく、受けると思います。そのあとは前衛と同じ感じで攻めるといいと思います。とにかく交易だけはしっかり守ってください。
マムハサー大砲(遠投)で攻めるなら木はガンガン金に変えて狂信とか急ぎましょう。


サラセンは重騎士にならないし直に向かない(ボーナスなし)なので後衛はかなり苦しいです。劣勢覚悟で駱駝出しながら早め市場で地図して味方守って資源調整してマム出しましょう。即マムというのもあるらしいですがコンキと違って荒らしがやりにくい+内政展開が遅れるといった理由で帝王負けしやすいです。残念ボーナスといわれる市場を城主でフルに使えば城なんてすぐ経ちます。建築に時間がかかるのですがね。

重騎士にすらならない騎士を出し続けるよりは駱駝出して、マムに派生する方がいいと思います。その分自分の前衛が負けてるとかなり苦しいのですが。。。早め地図で的確に助けてどうにか持ちこたえてもらうといいと思います。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

Nancy

Author:Nancy
AOCから離れてもうだいぶ経ちますが愛は忘れていないはず。

QRコード

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Enjoying AOC, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。