AOC攻略ブログ(中途半端)。今はだらだらと日常を書いてます。
http://nancy74849.blog85.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2009.12.10.Thu(19:35)
ユニークユニット解説

 

文明記事でいいのだろうか…

ユニークは文明紹介とかで結構話題に出してるけどまとめてはいないはず。そんなユニークをさらに深く追求してみます。使うことを前提にどういった場面でどういった用法で使うのが効果的なのか書きなぐります。

ちなみに断りがない限り帝王戦の話です。 

more



タルカン
建物を破壊する力に優れている騎兵ユニット。フルアップでは重騎士と同等の力を有し、建物に対するボーナスは近衛剣士を遥かに凌ぎます。近衛剣士が出ないフンに近衛剣士の代わりに使えとばかりに用意されたユニットです。

特に欠点がないのに対し使用率は群を抜いて低いのには理由があります。近衛騎士で破壊は間に合うこと、弓騎兵メインの時もRAMや遠投のほうが勝手がいいことですね。とはいえ城主においてタルカンは家破壊からの内政妨害や普通に騎士と同じくあらしができたりと使い勝手はいいでしょう。ただし普通の騎士に負けてしまうので弓騎兵の擁護が必要になります。つまり弓騎兵とタルカンの分隊で荒らしをすれば騎士にも対抗でき、効果的にあらせます。
※手間と時間がかかります(’
帝王以降使いたいときは押切の時に10ほど生産して育成所破壊用で使いましょう。ガンガン壊してくれます。



マングダイ
凶悪無慈悲なまでの力は帝王から。城主では普通の弓騎兵より少し早いだけです。そのため城主で生産するときは帝王頭から本気マングの態勢に入っている時くらいでしょう。帝王に入り、EL化すると発射ディレイ0の速射を最速で敵に叩き込むユニットに変貌します。その強さはマングの参入で戦局があっさり逆転してしまうほど。大事に大事に使ってあげましょう。槍に対してパルティアン戦術の研究でさらにボーナスをもらえ、槍の大量突撃をなんの壁もなしにせん滅できます。さらに射程ユニの天敵である投石を破壊する能力に富み(砲撃兵器に+5ボーナス)マングさえいればRAMの突撃も全く怖くありません。安物であり射程ユニのアンチである散兵もあまりの性能差に足元の石と化します。マングを出したときはただひとつ、敵に触れないように動いて攻撃するだけでほぼ敵は手詰まりになります。



エレファント
肉200を使って出す最大級のユニットであるエレファントはRAMと同じように建物に対し範囲攻撃能力があり、なおかつユニットに対してもかなりの攻撃力を持つ押し込みにはたまらないユニットです。コストの点からいってほかのユニットと同じように使うわけにはいきませんが、もうひと押しこみ!というとき大砲と同時に使用することで大砲が安全に建物を狙えます。それほどの脅威になりえる存在です。弱点は聖職者で、あっさりと転向されてしまいます。中途半端な数の像はそれで返されこちらが苦戦する羽目になるでしょう。また矛槍から+60という大ダメージを受けるので正面から当たらないよう気をつけて使いましょう。矛槍がなく、長槍までしかない文明でエレファンとの大軍を押し返すのはほぼ不可能です。まずそこまで出せませんが。



ロングボウ
最大射程12を誇るロングスナイパーであり、攻撃も1高いので使い勝手の良い便利なユニットです。ロングボウは画面外から打ち込んでくることも多く、気づいたら槍や剣士が食われているという状況は珍しくありません。大砲射程が13なので遠投と一緒にロングボウは使用することで敵が大砲で遠投を破壊してくるのを阻止できます。また同等の理由で投石すらも先に発見し、破壊できることでしょう。ただ致命的な弱点として打たれ弱いという点があり、HPは最大35にしかならず、ハサーや騎士系の突撃を食らうとあっという間に殲滅されてしまいます。使うときは壁と離さないようにしっかり操作しましょう。HPの少なさから散兵の攻撃であっという間に死んでしまいます。近づかれる前に逃げるか倒してしまいましょう。



羽飾射手
ロングボウとは打って変わり、重石弓より攻撃は1下がるもHP、移動速度、発射速度で通常の弓に勝り、通常の弓とは性質が違う特殊な弓です。混戦下でもばらばらになって敵を撃つことからかなり厄介な存在です。攻撃が下がったと言えボーナスで剣士と槍に対しては通常の弓よりダメージを与え、EL化に金を使わないため帝王初期からガンガンまわして戦えるのが強みの一つでもあります。投石の攻撃にもある程度耐えるので投石を返り討ちにしたりと正直使われると対策に困るユニットでもあります。ただ突破力に優れているわけではないので対ユニット用として戦場を駆けまわらせるといいでしょう。



ジャガーウォリアー
歩兵に+10という大きなボーナスを持ちながら使用機会には恵まれない悲しい星の下に生まれたユニットがジャガーウォーリアーです。それはアステカの近衛剣士がすでに特化した能力を保持しているということ、歩兵文明は消費戦
になることが多くそのとき城起点で出すユニークは使い勝手が悪いこと、ジャガー自身のEL化コストが高いことが挙げられます。とはいっても敵がバイキング、日本であるときは出してみてもいいのでは?HPが少ないので砲撃手に気をつけて使いたい。ちなみにチュートンナイトにサシで戦うとほぼ互角、日本の剣豪にもほぼ互角です。集団戦では当たり方次第で勝敗が変わります。



ウォードレイダー
足の速い近衛剣士としてケルトの砲撃兵器を守るパンツ一丁の変態男ですです。使い勝手としてはUPコストが比較的安く、生産速度が速いので使用できるレベル。槍RAMの護衛や敵前線の斥候、敵槍の始末など色々とやってくれるナイスガイ。武器は斧なんですね。能力そのものが秀でているわけではないので基本的には便利な近衛剣士です。使いどころは多いので積極的に使ってください。城主において特に敵の槍をたたきつぶすのにかなり役立ちます。槍とともに敵の前線制圧も比較的簡単にできます。城があったら作っておくとほんとに便利です。



コンキスタドール
城主最強の誉れ高い地位にいるコンキスタドール。意味は「侵略者」。中世にアステカを滅ぼすなどした悪役(ヒール)です。その動きは悪役そのものといった感じで騎士を10発で倒すのでコンキ5でひき打ちすれば同数騎士を被害0で葬れたり、町の人は確定3発なので動き回りながら大量虐殺されるという点にあります。槍はもちろん散兵も圧倒的な攻撃力と優れた防御性能、高いHPで同数ではお話になりません。帝王からは残念ながらUPした後の性能の上がり方が著しく他のユニットに劣り、並みのユニットとなってしまいますがその攻撃力故に射程ユニでありながら建物を破壊する能力が高いです。戦場を駆けまわりながら援護に回らせるといいでしょう。射程が6しかないので敵の接近を許しがち。槍の数が多いときはひき打ちしながら逃げてしまったほうがいいかもしれません。



カタフラクト
安物国家ビザンの切り札で、歩兵に対し+10だけでなくダメージ5確定の範囲攻撃を持つ凶悪なユニットです。また馬でありながら槍から受けるダメージは騎士系の約半分、もしくはそれ以下となっていてもっとも対抗手段が少ないかもしれないユニットの一つです。近衛騎士なら正面からやっても勝てますがビザンには槍のコスト安があるのでうかつには近づけませんから。基本的には範囲攻撃を生かすためシャッフルという手法で敵とカタフラを混ぜ込んでたたかいます。そうすることでカタフラは圧倒的不利を跳ね返すほどの力を発揮するのです。弱点はUPコストと範囲攻撃のための「粘力学」という固有テクのコストの高さ。帝王頭にどちらも研究するのはかなりの負担になってしまいます。また城生産ユニなので供給は遅く、弓防御が近衛騎士に1劣るので弓がそこそこ有効という特徴もあります。ビザンの聖職者ボーナスで回復させながら連続使用をしていきたいユニット。もちろん全部カタフラという編成は止めずらいがゲームが楽しいかどうかは微妙なところ。(個人的意見でサーセン)



武士
EL化で名前が変わり剣豪になるユニット。アステカのジャガーと違いHPが高く、移動速度に優れているので実用クラスの実力を持っています。UPコストはまぁまぁといったところですかねぇ。生産速度が7sなので城2~3あれば十分に数がそろいます。余裕があったら使って行くといいでしょう。武士はユニークユニットに+10ボーナスがあるので敵がユニークをよく使っているようなら使ってみるといいと思います。攻撃速度が速いので効果は予想をはるかに上回るでしょう。チュートンナイト、ジャガーに対し当てるとほぼ互角の実力を発揮します。移動速度の点からチュートンナイトには当たり方次第だそうです。一回接触して撤退したりして釣ると効率よく狩れます。



ベルセルク
戦闘ユニットとしては異色の特殊能力を持つベルセルク。自己回復能力とでもいいましょうか。勝手に回復する力があります。自分としては回復能力自体は比較的高く評価しているんですけどそれ以上に素の能力と研究コストが。。どう考えても割に合わないのでかなり厳しいと思います。回復能力を上げるための研究も高ければEL化も高いのでカタフラのように絶対的な力を持っていないベルセルクはあまり研究する必要がないのです。これでベルセルクがHP100↑とかだったら面白いんだけどね。確か文明ボーナス込で70ちょっと。。バイキングの近衛剣士のほうが多いのかいって感じです。使うとしたら連続使用が見込める城主での前線の小競り合いですかね。城主だと回復能力は高くないのですがそれでも研究コスト飛ばして長剣剣士並みの能力のユニットが出るのはおいしいです。戦士育成所から槍、城からベルセルクをだしてじわじわ押していきたいところ。少なからずある回復能力は追加生産を抑えてくれるので帝王に入るためのコストをためるのにわずかながらに役に立つかと。帝王に入ったら普通に近衛剣士にシフトするつもりで使うのもなかなかいいとおもいます。



連弩兵
普通の弓がハンドガンなら連弩兵はショットガンといったところでしょうか。攻撃力、コストに優れ生産速度が速いので簡単に回せます。以外にタフな一面もあるので使い勝手は悪くないのです。弱点は攻撃速度の遅さ。なんと散兵よりさらに遅いという弱点があり、オーバーキルしてしまうと敵の接近を一気に許してしまいます。できればHPの多さを生かしてバラけさせて使用したいところ。連弩一体が敵を一体攻撃してるときが特に効率がいいです。そのためできるだけ擁護としては近衛剣士を使い、敵が馬文明であるなら槍を混ぜましょう。固めて普通の弓として使いたいなら重石弓を混ぜることで連弩の攻撃の間に攻撃してくれるユニットを作りましょう。1:1くらいで混ぜるとなかなか厄介な集団になること間違いなしでしょう。バラけさせるといった特性上待ち編成より突撃編成に混ぜ込んだほうが活躍できるかもしれません。



イェニチェリ
スナイパーですね。射程8を城主から誇り、騎士や槍RAMも迎撃できる優れ物です。ただコンキと違って機動力はないのでどうしても城主で守りに入ってしまう。帝王に入ったらEL化するより普通の砲撃手と無料UPハサー、砲台の研究をしたうえで攻め込み敵陣に砲台をたてていけるといい。イュニのEL化は正直遅くていいです。砲台→砲術→EL化でEL化するまで砲撃手を使いましょう。砲撃手はハサーと非常に相性がいいので最初は便利です。EL化したころには近衛剣士をガンガン出せるくらいにしておけば今度は近衛剣士+イュニで攻め込めます。ほぼすべての歩兵文明を押せるし馬が来ることを予想して槍持混ぜればどうにかなるでしょう。もちろんイュニも砲撃手を混ぜながら使えます。イュニは城からしか出ないということで砲台を建てるときはちょっと使いにくいです。砲撃手メインで砲台絡ませたほうが強いかもしれません。



チュートンナイト
最強の剣士です。近衛騎士にサシで勝ち、40体の槍に10体程度で(もっと少なくても)勝てます。直接防御が14と恐ろしく高く、槍では1ダメージしか与えられません。攻撃力も21とアステカ近衛剣士と五分の力を持っています。ただし致命的なほどの鈍足で弓に対して絶対勝てないという弱点があります。つまり強いのにまず使えないという残念ユニットです。散兵にひき打ちされて殺されるのも悲しい話ですから。研究コストが高くそうそう研究できないのでまず使用機会に恵まれないでしょう。どうしても使いたいときは近衛騎士と一緒に使うことで苦手な射程ユニを克服できます。その場合チュートンナイトを殺す手段がなければそのまま蹂躙ゲームになることもあるかもしれません。チュートンナイトは破壊速度も当然速いので。RAMに詰めて使うことでRAMを壊しに来た兵士を確実にたたけるし移動中に弓に襲われることも減るかと。弓を使えば勝てるといっても弓を用意していない人の陣地にこいつを出したらそのままゲームがきry。とりあえず強いですよ。※城の矢でもあっさり死ぬのでチューナイだけで敵陣壊滅は無理です。RAM出していきましょう。



マムルーク
馬に対し大きなボーナスを持ち、射程攻撃ということで剣士などにも勝てるかなり強いユニットです。ですが生産コストは金が85とかなり高く、ラクダなので矢に弱く、城や中心、火砲学をされるとメチャメチャダメージ受けます。殺さないように使う操作量があれば敵の馬をけん制しつつこちらは砲撃手+剣士+大砲で押せるので見せるだけで効果が出るユニットです。ハサーを一瞬で殲滅してくれるので砲撃手をかなり生かしやすいです。どちらかというと戦闘ユニというか存在感で馬を出させないようにするという戦術的ユニという一面を持ちます。実際にマムルーク20と近衛騎士を当てると完全なコスト負けをします。間違っても試さないでください。



戦車
大きな体をもち、高い攻撃力を持った弓を放つ戦車ですが体の大きさがあまりにも大きく槍に接近されると悲惨な目にあってしまいます。馬属性射手属性をもちながら移動速度もそこまで速くなく、出すなら10の倍数で出さないと槍に狩られてしまうでしょう。ただし30を超えた戦車はもはや近づくことさえできないくらい強力です。木が120かかるので早々出せませんが朝鮮の切り札であることは間違いないですね。逆を言えばそれくらいしかないって話でもありますが。



フランカスロウ
手投げ斧を投げまくる勇敢な雑魚戦士です。役割的には騎士の援護なので槍を倒す点についてはそれなり戦えるし、フランクの安い城の守りを任せてもRAMを割れるので働けることは確かです。問題はやはり研究コストの高さ。そしてフランクには近衛剣士が出ることもあり高い研究費を要するフランカスロウはお呼びでないことが多いようです。しかしもし研究することができたら近衛剣士よりコストも安く、射程のある攻撃は何かと便利なのでもし研究したなら使ってみるといいでしょう。数が20いれば槍をがっつり削れます。



ハスカール
弓防御10を誇りその硬さゆえに弓を問題にしないという恐ろしい歩兵ユニットです。城の矢もダメージ1しか与えられないしヘビスコでさえ接近されてしまうでしょう。攻撃スペックも近衛剣士と遜色ないので対応がしずらいです。モンゴルのマングダイをもってしても同数のハスカールを倒すのにおそろしく時間がかかるほど。通常の弓が倍の数いても全く気にせず薙ぎ払って歩く。。かも?使用勝手は弓がほぼ無効なのでどの戦場においても有効で、敵内政地にはいれたなら勝負がきまるでしょうね。建物の破壊速度は文明ボーナスで近衛剣士と並んでいます。




やっとおわった。。。!!

疲れるんじゃい(’

スポンサーサイト

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

Nancy

Author:Nancy
AOCから離れてもうだいぶ経ちますが愛は忘れていないはず。

QRコード

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Enjoying AOC, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。